お掃除ロボット再び

お掃除ロボット再び

私の家に1人遊びに来ると必ず聞かれることがあります。我が家が使っているお掃除ロボットのことです。 実家の父がゴルフの景品で当たったのでそのままもらったものなのでわざわざ買ったわけではないのですが、知人たちは高いお金を出してこれを買ったのかと聞いてきます。

確かにこの掃除ロボットは発売当初は日本円で10万円位する高価なのものでした。勝手にリビングじゅうを動き回って掃除をしてくれるのですからそれくらいして当たり前だとはじめは思っていました。他のメーカーにはなかったものだったので特別感もあったと思います。

実はこの掃除ロボット、数日前まで家の倉庫にしまったままでした。というのも、リビングを勝手に掃除してくれるのはいいのですが、その前提としてリビングのフローリングに何もおかないことが絶対条件だからです。我が家には小さな子供が2人おり、数分放置しておくとすぐにおもちゃが散らばってしまいます。なんでこんなものまでと思うようなものまでフローリングに転がっています。

そんな状況ですから、片付ける手間と掃除をしているロボットの邪魔をしない2つを考えてしまうと、どうしても普通の掃除機で掃除をするほうが早いと考えてしまったのです。

しかし、一旦ブームになったお掃除ロボットがいちど落ち着いてから、ここ最近またテレビなどで便利物として取り上げられるようになってきました。

それを見て私も思い立ち再び倉庫からこの掃除機を取り出したのです。実際に本格的に使い始めてみると結構便利なものです。

フローリングをきれいにしていようという日ごろの向上心にもつながりますし、お掃除ロボットはちょっとした贅沢品だと主婦の間では思われているので、自宅に置いておくとちょっとしたアクセントになるのです。

遊びに来てくれた知人からもこのお掃除ロボットの話を振られるので、それだけで少しは会話も盛り上がりますし、お友達に勧めてみたりしています。

一説には、日本人の主婦の家事の時間は一日平均6時間半にも及ぶそうです。これは諸外国の2倍なんだとか。

蟻のように働く日本人の主婦も、こうしたものを使って少しは楽をしたらよいのではと思います。

脱毛 渋谷脱毛 銀座

ラジオ好き再び

子供たちを寝かしつけて、ようやく深夜の一人の時間を過ごせると思った私ですが、テレビを何気なく見ていてふと思ったことがありました。そういえば、長年ラジオを聞いていないな…と。どうして聞かなくなってしまったんだろうと考え始めて昔のことを思い出しました。

もともと学生のころは、青春の一ページともいえるくらいラジオが大好きな私でした。岸谷五郎さんが司会をしていた東京レディオクラブやそれの裏番組では伊集院光さんがやっていたオー!デカナイト!も毎晩聞いていました。今思えば、彼らは当時まだ全くテレビの世界では有名じゃなかったんです。ラジオで支持を集めてその後テレビの世界で成功された2人ですが、有名になった2人を見ても全然驚かなかった記憶があります。

岸谷五郎さんの番組の一部のコーナーで、プリンセスプリンセスの奥居香さんの番組ありました。当時は彼女は大の織田裕二ファンで、ゲストに彼が来た時などもう死にそうなくらい興奮していたのを記憶しています。そんな経緯がありながら、今では岸谷さんの奥さんになっているなんて、きっときっかけはこのラジオ番組なんだろうなとひとりで勝手に想像しています。

思い出を語りだしたらきりがありません。毎日どうしても生で聞く必要があったため、防水にもなっていないラジオを無理やりお風呂場に持ち込んで一人で湯船につかりながら番組を楽しんでいました。

はがきも書いたことがあります。福山雅治のラジオに一枚のはがきを書いてみたら、いきなり翌週に読まれてしまってとても驚きましたし、翌日学校で自慢しまくりました。その時は、実際に私が書いたハガキを福山雅治が手に持っているのだ!と別な意味で興奮してしまい深夜にもかかわらず母親に伝えに行きました。

時代が経ても、今でもラジオ番組は続いています。私が昔から好きだったオールナイトニッポンも99の番組がまだ続いているではありませんか!絶対にまた聞き直そうと思っています。ラジオならではの面白さはわかる人はわかるので、一緒に共有できる人とはその話題で盛り上がりたいなと思っています。