恐竜に大興奮な子供たち

恐竜に大興奮な子供たち

今夜のテレビの映画は、私の子供たちが大変釘付けになって鑑賞しています。それはジュラシックパークです。内容はまだまだ難しくて全て理解はできないと思いますが、なんといっても子供たちにとっては恐竜が出てきて大暴れするのは楽しいに決まっています。

日頃アニメばかり見せてしまっているので、このようなハリウッド映画もたまには良いのではないかと思って、今夜は多少少し夜更かししながら心行くまで見てもらおうと思っています。夏休みなので特別ね!と子供たちには説明しています。

映画は序盤から大変スリリングな展開になっています。人間が恐竜のいる森へ迷い込んで、早速大きな恐竜に襲われるシーンがあります。もうそこから、子供たちは大騒ぎです。

人を襲う恐竜なんて、恐ろしくて仕方がないと思うのですが、子供たちはとても冷静に見ています。どうして恐竜は人間を襲うのか?と質問してきました。また、恐竜と人間はどちらが強いの?と聞いてきました。本当に問題意識が強くて子供なのにすごいなと感じました。この映画のテーマそのものだと思います。

私は子供たちが映画をよく理解できるように概略だけ説明していました。もともと恐竜のことをよく知っている専門家である先生がいます。周りにくっ付いてきている別の大人たちが、きまりを守らずに勝手な行動とってしまうため、恐竜の機嫌を損ねてしまいます。入ってはいけない恐竜のテリトリーに踏み込んだりと勝手な真似ばかりをするので、恐竜を怒らせてしまい襲われる羽目になってしまったのだと。

恐竜に襲われ、それに対して撃退しての繰り返しで映画は進行していきます。最終的に人間と恐竜どちらが強いのかということがわかると思います。どちらが強いか自分の目で確かめてみてねと私は息子たちに伝えました。

ハリウッド映画を最初から最後まで見るのはナルニア国物語以来だと思います。子供の興味を引きつけて大ヒットする作品は本当に素晴らしいと思います。きっとハリーポッターなどももう見れるのかもしれません。この映画の次に見せてあげたいなと思っています。

車買い取り.jpn

夏休みの過ごし方

今日はとても忙しい一日でした。というのも、特にいつもと変わらないスケジュールだったのですが、夏休みということですっかり夜ふかしが日常化してしまって、毎日夜遅くまで子供たちも起きているし、朝も9時くらいまで眠っている日々を送っているので、一日の日中の活動時間がどうしても限られてしまうのです。

朝、9時過ぎに起床すると、もうてんやわんやです。いきなり子供たちからご飯!ご飯!とコールされて私も大慌てで用意します。遅くに食べ始める朝食になるので、昼食兼用のブランチといった感じになってしまいます。そして、午後から子供の習い事に出発です。習い事に行く前に自宅にて少しは練習していかなくてはならないのでその声掛けも結構大変です。だらだらとしている息子に声を張り上げてしまうこともしばしばです。

そして、出発前には遅くなりますが洗濯物を干さなくてはなりません。我が家は西向きにベランダがあるため、一応午後になってから強い日差しがいてくれるおかげで、なんとかぐうたらな家事をしても間に合う環境にいます。夏場は西は暑いだけで疲れてしまうのですが、こういう恩恵があるだけでも良かったと思ってしまいます。

そして、なんとか息子を習い事に送り届けて、私は待ち時間はスーパーへ買い物に行きます。帰宅すると続いて夕食の準備です。夏休み中は昼寝でもしてほしいのですが、朝あんなに遅く起床するので眠れるはずもありません。がやがやと遊ぼうと言ってきますが、ずっと付き合っているわけにもいきません。

結局子供たちを叱ってばかりで、一日を過ごしてしまって反省しきりなのですが、反省してもまだまだ子供は起きています。夜9時に就寝を目標としているのですが、結局そんなことはできません。なぜかむっくりと起きてきてしまい、ずっと遊んでいます。一緒に遊ぶことをことわると機嫌を損ねますが、それはそれで眠るきっかけになるので別にいいのです。そのほかにはなぜか夜になるとやりたがるパズル。日中はまったくやりたがらないので不思議なものです。

こんなよその人には到底言うことができないような生活を送ってしまっている我が家ですが、来週からようやく2学期が始まります。

ほっとしている今日この頃です。